冷凍食品のススメ!一人暮らしさんは必見!

>

上手に冷凍食品を活用する

「冷凍食品は身体に悪い」はウソ?

アナタは「冷凍食品は身体に悪い」というフレーズを聞いた事がありますか?最近ではあまり聞かなくなりましたが、一昔前はよく言われていましたので年配の方であればまだそう思っているかも知れません。

冷凍食品は味や彩りを長持ちさせる為に添加物や保存料を使用していて、それが身体に悪影響を及ぼすと考えられていました。しかし近年の添加物は天然由来の成分を使用する。または人体へ悪影響の無い素材や成分を使っているので全く問題はありません。

反対に保存料を全く使わない無添加食品で、食中毒のリスクが高まるというデータもあります。但しこれらの基準は国によって大きく違うので、出来る限り国産の冷凍食品を使う事をおすすめ致します。

冷凍食材で自炊の幅を広げる

スーパーへ行くと専用コーナーを設けられている冷凍食品は、年間多くの製品を輩出していて老若男女から人気を得ています。一人暮らしをする場合、冷蔵庫の食材を腐らせてしまうのがネックになりますが、冷凍食品は生物よりも賞味期限が長いので、腐らせる事はほとんどありません。

既に調理済みの冷凍食品を使うのも良いですが、自炊をするのであれば冷凍野菜や素材に着目した冷凍食品を使うのも良いでしょう。旬の野菜だけでは無く、一年を通して安定した価格で購入出来るのが魅力なので栄養バランスを考えた献立が作りやすいです。

副菜も充実しているので主食ではなく「もう一品欲しい」という時にも、サッと作れるのが自炊の幅が広がりおいしく・楽しく頂けます。


この記事をシェアする